ECCジュニア

ECCジュニア 電子図書館

本サイトは、ECCジュニアが独自の視点でセレクトした絵本や児童書、参考図書、学習漫画、名作・古典、育児書などがスマホやタブレットなどで気軽にお読みいただけるECCジュニア生限定の電子図書館です。
お子様の読書習慣を身につけるためにも、ぜひご家庭でご活用ください。

在籍生無料! 24時間貸出OK! 文字サイズ変更OK! 自動返却システム

※各機能は、書籍により異なります。

ECCジュニアの生徒ID No.をご入力ください。

ECCジュニアへのご登録の生年月日を下記のようにご入力ください。
(例:2010年1月1日⇒20100101)

ECCジュニア電子図書館 利用規約

第1条 総則
  • 1.本規約はECCジュニアが提供する「ECCジュニア電子図書館サービス」(以下、「本サービス」といいます)をECCジュニア在籍生が利用する場合に適用されます。
  • 2.本サービスを利用する前に、本規約の各規定をよくお読みいただき、同意いただいた上でご利用ください。利用者が本サービスにログインした時点をもって、本規約等に無条件で同意したものとします。
第2条 用語の定義
本規約において使用される用語の定義は次の各項の通りとします。
  • 1.「サービス利用期間」とは、本サービスの利用期間をいうものとします。
  • 2.「利用者」とは、ECCジュニア在籍生の内、本サービスを利用する者をいうものとします。
  • 3.「コンテンツ」とは、ECCジュニアが提供する電子書籍等の著作物をいうものとします。
第3条 本サービスの利用環境
  • 1.本サービスにおいて利用可能な対応端末等が、今後も限られる可能性があることについて、利用者はあらかじめ同意するものとします。
  • 2.利用者は、自己の費用と責任において本サービスを利用するものとし、本サービスの利用に伴う通信料等は利用者の負担とします。
第4条 著作権、商法等の私的利用限定
  • 1.本サービスで提供される本コンテンツの権利は、ECCジュニアまたは本コンテンツ提供者等権利を有する第三者に帰属します。
  • 2.利用者は、これらを著作権法で認められた私的利用の範囲を超える複製のために利用することはできません。
第5条 利用者の責任とECCジュニア
  • 1.利用者の本サービスの利用にあたり生じたいかなる損害に関しても、利用者がその負担と責任を負い、ECCジュニアは、故意の不法行為をした場合を除き一切その賠償の責任を負わないものとします。
  • 2.利用者は、本サービスの利用によりECCジュニアまたは第三者に対して損害を与えた場合(利用者が、本規約などに定める義務を履行しないことにより第三者またはECCジュニアが損害を被った場合を含みます)、自己の責任と費用をもって損害を賠償するものとします。
  • 3.利用者は、自己のIDおよびパスワードを、第三者と共有あるいは第三者の使用を許諾しないと共に、自己のIDおよびパスワードの使用、管理について一切の責任を負うものとします。
  • 4.ECCジュニアは、利用者のIDおよびパスワードが第三者に使用されたことによって当該利用者が被った損害については、一方的にECCジュニアの責めに帰すべき事由がない限り、当利用者の故意または過失の有無にかかわらず一切責任を負わないものとします。
第6条 本サービス利用の停止・廃止
  • 1.ECCジュニアは、次の各号のいずれかの事由が生じた場合には、事前に利用者に通知することなく、本サービスの全部または一部を停止・廃止することができるものとします。
    1. (1)本サービス用設備等の保守を、定期または緊急に行う場合
    2. (2)天災地変など不可抗力により本サービスを提供できない場合
    3. (3)その他、環境上、運用上、または技術運営者が本サービスの一時的な中断が必要と判断した場合
  • 2.ECCジュニアは、前項の各号のいずれか、またはその他の事由により本サービスの提供の遅延または中断等が発生したとしても、これに起因する利用者または第三者が被った損害について一切責任を負わないものとします。
  • 3.ECCジュニアは、利用者の了承なく本サービスに提供するコンテンツの利用停止、アクセスの制限、またはコンテンツの内容の変更をすることがあります。その場合においてもECCジュニアは利用者または第三者が被った損害について一切責任を負わないものとします。
  • 4.利用者がECCジュニア・BS教室を退学した場合は、本サービスの利用を一切できなくなるものとします。
第7条 禁止事項
  • 1.利用者は本サービスに関して次の各号の行為を行わないものとします。
    1. (1)ECCジュニアもしくは第三者の著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(以下、「知的財産権」といいます)を侵害する行為、またはそのおそれのある行為
    2. (2)第三者の財産、プライバシーもしくは肖像権の侵害、または侵害するおそれのある行為
    3. (3)第三者になりすまして本サービスを利用する行為
    4. (4)コンテンツデータの不正取得、または不正取得を試みようとする行為
    5. (5)本サービスの内容や本サービスにより利用しうる情報を改竄または消去する行為
  • 2.ECCジュニアは、前項の各号のいずれかに該当する行為を把握した場合、事前に利用者に通知することなく、利用者に対し本サービスの利用の全部または一部を停止することができるものとします。
TOPへ